■バッタ目キリギリス科ウマオイ亜科
■大きさ:
■時期:6-11月
■分布:本州・四国・九州・沖縄
緑色で背が赤褐色のキリギリス。ヤブキリに姿形が似るが赤褐色が目に達していることで見分けがつく。
草むらなどに生息し、夜行性で肉食性。
ハヤシノウマオイ、ハタケノウマオイがいるが、外見上ほとんど変わらず鳴き方が若干違う。
本種は川沿いの草むらで発見したので恐らくハタケノウマオイと思われます
 

【撮影場所】2014/10/3 千葉市 花見川




バッタの仲間目次へ

千葉昆虫録トップへ

inserted by FC2 system